| Home |
おぉっと
おぉっっと
危うく見事四日坊主になるとこでした。

実は始まった大学の授業が想像以上に忙しく、
プラスαでオペラ観に行ったりしていたもので
うっかり更新をサボっていました。

友達に4日坊主を指摘されて我に返ったところでございます

12日にザルツブルク州立歌劇場の公演
ワーグナーの「さまよえるオランダ人」公開リハーサルを観てきました

実は歌手としては恥ずかしながら、ワーグナーのオペラを観るのはでして…

なんというか食わず嫌いだったのですが、
ワグネリアンと呼ばれるらしい、ワーグナーの熱狂的なファンがいるのもうなづけました。
確かに、音楽はキレイで、聴きやすいですね。

しか~し!
ワーグナーに一言言いたい


もうちょっとみんなのこと考えようよ

ワーグナーのオペラは壮大なことで有名で、
4夜連続演奏のオペラや、4時間越えのものも。

先日のオペラも、
2時間半ぶっつづけ
休憩なし

キャストやコーラスは入れ替わり立ち代わり出てきますから、
ところどころで休憩はとれるんでしょうけど、

オーケストラはひっきりなしに演奏です。もちろん指揮者も。

そして客も当然、身動きとれずに2時間半です。

こういうのって、労働基準法に違反しないんでしょーか?笑

それにしても、救われたのが、歌手陣の充実でした。

ジュリー・マケロフという、ソプラノ歌手が素晴らしかった

オーケストラ編成も大きくて、コントラバス6本(あれ?8本だった?後で確認します)、
金管楽器鳴りまくりな中、
大音量五線より上に飛び出た音符の連発

あまりにすごくてインターネットで調べたら、2007年にサイトウキネンで日本でも歌っていたようですね。

私とは全然違う声のタイプなので、彼女を目指すことは物理的にできませんが、
あれくらい歌えたら気持ち良いだろうなぁぁぁ

公演が終わるまでにもう一回彼女を聴きにいきたいけど、
2時間半をかんがえると・・・・・・・デスな。


おっとすっかり長くなりました。
そういえば、この間のトンガリキャベツ、日々いろんな料理になって食卓に並んでおります。
形状がら、一枚一枚はがしては使っていますが、どんどんちいさくなっていきます。

それにしてもいちばんそとがわの葉っぱが超ビッグサイズでしたので
激写しておきました。
きゃべつ

私がデッカイのか、きゃべつがデッカイのか…笑

今日もありがとうございました
スポンサーサイト

日常TB(0) | CM(0) | top↑
<<週末の挑戦 | Home | とんがりキャベツがやってきた>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

mayumishibata

Author:mayumishibata
ドイツ、ミュンヘンの郊外在住、
歌うたい柴田真由美のブログ♪
歌手的生活から、ドイツでの私生活、海外で生きる日本人の知恵袋などをご紹介します!

ブロとも申請フォーム