| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
オーストリアの音楽教育の醍醐味か・・・!?
たまには音楽ネタといきますか

Tonsatz(とーんざっつ)という授業があります。

Tonは音、satzは置く、的な意味です。

日本の大学でもソルフェージュはみっちり学んできたので、

Gehörbildung(Gehörは聴く、bildungは教育、的な意味)という授業とまとめて、
日本の大学で取得した単位を認めてもらおうと思ったのですが、

アッサリ、Tonsatzのほうは断られてしまいました。orz

で、素朴な疑問。

とーんざっつってなんだ???

そんな疑問を解決すべく、実際にTonsatzの授業を1から取ってみることにした私。


Tonsatz1という授業は1週間のうちモーツァルテウムのあちらこちらで、
色々な先生のもとで行われていましたが、
滑りこみセーフで履修を決めたわたしが選んだのは、

月曜10時のとーんざっつ。

授業初日。

とりあえず授業に行ってみる。

ドアには鍵が。

アレ?部屋間違えたかな??

よく見ると張り紙。

「先生は1ヶ月いないので、また来月になったら来てくださーい」

ちーーーーーーん。

まぁ。オーストリアならよくあること。






1ヵ月後。
行ってみる。いない。

待つこと30分。

見た目すっかりラームスなおっさん登場

↓これは本物のブラームス
brahms.gif


あー、こうして改めてみても、似てますな。特にヒゲが。


「ごめんごめん、おくれちゃったー。」


その後も、授業のたび、30分遅れは当然。

大雪の月曜日、30分遅れを見越して到着した私、
上には上が・・・
「先生は1時間遅れ」の張り紙。

まー、結局登場したのは1時間半遅れ、
つまり授業が終わる時間。

それでもメゲずに授業を始め、30分後、解散。

常にこんなペースで一週間が始まるんですよ。


で、結局とーんざっつってなんだったか、というと、和声学でした。

日本の大学でも確かに、和声は習いましたが、
G大で1年かけて学んだことが、実はこんなペースの授業で2ヶ月やっただけで、


なななんと、

ほぼ網羅できてしまいました。


しかも、全て新鮮な情報に感じたのは、私が習ったことを全て忘れていた証拠です


和声初級って、4声態の和音をつくって、
それを曲として進行させていって、
その過程で、この進行はダメ、とか、こっちのほうがきれいだから、とか
そういうのを学ぶわけですが、

ブラームスの教え方は斬新

まず第一回の授業で、キレイなメロディーについてアツく語ったと思ったら、
その精神に法って、みんなで単旋律を作曲。

2回目の授業までに、みんな自分の曲をいくつか書いてくるのが宿題。

2回目に授業に行くと、先生が懇切丁寧にその自作曲を添削してくれる。
もちろん、自分の番じゃない学生は自由時間。笑

そして自作のメロディーに3度下のハモりをつける。

次はバスパートをつける。

ここでちょっと和声のルールについて真面目に語る。

最後にテノールパートをつける。

あらら、もう4声態の出来上がり

「良いクリスマスを~、来年になったらあと2回授業があって、もうテストだからね~ん」

と陽気に今年の授業は終わりました。



あー、こういうの好きだな~。

全然大変じゃないのに着実に身についていくこのお気楽さ。
日本の大学では、和声は大の苦手科目だったのに。

キレイなメロディーにキレイなハーモニーをつけたら、
「大変よく出来ました
じゃなくて
「大変ステキな曲が書けました賞をくれるのも、なんか嬉しい。

作曲家になるわけでもないのに、和声が一体何の役に立つかは知らないけれど、
どんな音楽大学に行くにも、
和声は必修。

やらなきゃいけないことを、楽しく、さりげなく。
授業はいつも30分遅れで。

オーストリアの音楽教育の醍醐味?


たまには、音楽のおはなしでした。
↓クリック!よろしくね!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

音楽TB(0) | CM(2) | top↑
<<遅ればせながらM1観戦しました。 | Home | クリスマスまであと僅か!!>>
comments
ブラ
和声がどれだけ分かっているかがその音楽家の格といっても過言じゃないからね!がんばって!
ちなみに、しゅかこなの滑らないはなし、を一発。

そのM教授、映画でブラームス本人役で出演したことがあるそうです。
【2010/12/20 23:04】URL | konaska #tHX44QXM[ EDIT]
konaskaちゃん
そっかー、和声って、そんなに大事なんだね。。。
今まで一切を忘れてやっていた私って一体・・・・・v-12

M教授、ブラームスに似てるって覚あるんだね!?
すべらんなぁv-22
【2010/12/22 22:50】URL | mayumishibata #-[ EDIT]
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

mayumishibata

Author:mayumishibata
ドイツ、ミュンヘンの郊外在住、
歌うたい柴田真由美のブログ♪
歌手的生活から、ドイツでの私生活、海外で生きる日本人の知恵袋などをご紹介します!

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。