| Home |
ニューヨークと共演!?
先週末も、ザルツブルクに里帰りしていました。
sbg.jpg


気付けばここのところ週末といえばザルツブルクにいる気がします。



ザルツブルクではリタのお家に泊めてもらって、

リタの講釈を聞いたり、お手伝いをしたりしております。



さて、今週末は、大聖堂のコンサートでニューヨークからきた合唱団の皆さんと
共演させていただいてきました


国際合唱の集い的な催しで、

いつもお世話になっている大聖堂のカペルマイスター始めオーケストラのみなさんと、
ソリスト陣はザルツブルクから出陣して、

合唱はアメリカから来た合唱団の方たちが歌いました。

flyer.jpg


合唱団のみなさん、音程も良くて、素晴らしかったです

chor.jpg

アメリカ人って陽気ですよね~。

「ベリーベリー びゅーてぃふぉー」と
口々に誉めていただいて、悪い気はしませんよねぇ~

花束をいただきましたが、トランクを抱えて持って帰れなかったので、
リタにプレゼントしてきました
思い出に、写真だけは残しておきます
hana.jpg


ザルツブルクから離れて2ヶ月、

「あーーザルツブルクは良かったなぁ」と日々思うわけでもありませんが、


いざ帰ると、

「あーザルツブルクいいなぁ~」と思います。



みんな陽気で優しいし

リタの家も、まるで自分の家みたいですが、

仲良しAディのママからは、

「マユミ、ザルツブルクで泊まる所がなかったら、いつでも言うのよ」と
声をかけてもらい、心があったかくなりました



コンサートの翌日は、朝ミサを歌ってミュンヘンに帰ることにしていたので、

トランクをゴロゴロ引きながら大聖堂へ。

トランクを担いでオルガンのあるフロアまで階段で登ろうとしていたら、


トランペットのおっちゃんが
「キミー、これから歌うんだから、ボクが運んであげるよ~」と。

いやいや、あなたもこれから吹くんでしょうが、と断った直後、

階段ですッ転ぶドジな私。

「ほらみろ」と笑われ、結局4階くらいある高さまで運んでもらってしまいました

おっちゃん、楽器だって持ってたのに。

やさしーー

ピアニスト慶ちゃんと、ヴァイオリニスト郁子ちゃんと合流し、
夏のDuoxDuet.のコンサートのための合わせもバッチリやってきました


帰国まで2週間

予定はギッシリ

でも元気満タンです



人気ブログランキングへ

今日も励ましのワンクリック、よろしくお願いします
スポンサーサイト

日常TB(0) | CM(0) | top↑
<<アイーダの悲劇 | Home | オフトン>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

mayumishibata

Author:mayumishibata
ドイツ、ミュンヘンの郊外在住、
歌うたい柴田真由美のブログ♪
歌手的生活から、ドイツでの私生活、海外で生きる日本人の知恵袋などをご紹介します!

ブロとも申請フォーム